ニュース

March 2019

ParticleScout- 微粒子の迅速検出、分類および識別のための新しい分析ツール

共焦点ラマン顕微鏡を用いて「物理的特性」と「化学的特性」を測定評価

ラマンイメージングと相関顕微鏡のリーディングカンパニーであるWITec GmbHは、alpha300ラマン顕微鏡シリーズの革新的な粒子分析ツールであるParticleScout(パーティクルスカウト)を発表しました。素早く簡単に粒子を見つけ測定し、分類、定量化、同定することを可能にします。

ParticleScoutは、粒子試料を調査する研究者にとって、共焦点ラマンイメージングの迅速かつ非破壊・非染色で化学的特性分析の機能を最大限に活用しながら、粒子の識別が行えるため非常に加速されたワークフローの提供をいたします。

ParticleScoutは先ず、粒子を見るために明視野および暗視野照明で試料を調査することから始まります。 特徴的な機能である画像連結機能は、多くの測定領域を組み合わせて大領域の詳細概要を得ることができ、多焦点合成機能を使用すると、大きな粒子を鮮明にレンダリングして正確な輪郭認識を行うことができます。

光学画像は、関心のある粒子を物理的特性に分類し、それらをランク付けされたリストに配置するために使用されるマスクの作成をします。その後、各粒子からラマンスペクトルが自動的に取得されます。

ラマンスペクトルを評価し、対応する粒子を手動で、またはシームレスに統合されたWITec TrueMatchラマンデータベースソフトウェアを使用して同定することができます。

粒子解析ツールとラマンデータベースとの統合は業界で唯一無二であり、生産性を高めるための合理化された研究環境の提供をお約束いたします。

最後に、ParticleScoutは、ユーザーが選択可能なフィルタと高度なアルゴリズムの組み合わせを特徴とする包括的なレポートを作成します。

これらのレポートは、ParticleScoutを、粒子の物理的属性と化学的属性の間の相関関係を見つけるための完璧なツールとして提供します。

大面積イメージングから高分解能分光法まで、ParticleScoutの技術の根底は、マイクロプラスチック研究、環境科学、製薬、地質学、食品科学などの分野で研究者に詳細な洞察を与えます。

WITecの共同創業者のヨハヒム・コーネン博士(Dr. Joachim Koenen)は、次のように話しています。「世界的な環境問題として関心を集めているマイクロプラスチックの話題が、当社の製品群を拡大しています。ラマン分光法は有害な粒子を迅速に識別するための非常に有用なツールです。当社は、ラマン顕微鏡による粒子解析において、これまでにないレベルのスピードと使いやすさを提供します。 ParticleScoutを使用すると、時間のかかる一連の手順が、迅速で継続的なプロセスに変わります。」

詳細情報は下記リンクへ

 >>>ParticleScoutの製品ページはこちら

>>> 高解像度製品画像 はこちら

ParticleScout, a revolutionary particle analysis tool for the alpha300 Raman microscope series.

もっと見る...

February 2019

WITec Now Operating Directly in France

WITec GmbH, leading manufacturer of 3D Raman imaging, correlative and other nano-analytical microscopy systems, has established a new direct representation in France. Located in Lyon, known as a center of the chemical, pharmaceutical and biotechnology industries, the new national presence will allow WITec to better serve the local client base. Sales, after-sales support and event organization for the region will be undertaken by area manager Dr. Philippe Ayasse. Technical support will be provided by Dr. Maxime Tchaya, a scientist with a thorough knowledge of the French market, from company headquarters in Ulm, Germany. Both are specialists in confocal Raman microscopy with years of experience at WITec. The new representation can be reached at the following address:

WITec Representation France
Dr. Philippe Ayasse
11 quai Augagneur
69003 Lyon France
Tel: +33(0) 4 78 84 04 62
Mobile: +33 6 12 13 21 73
E-mail: philippe.ayasse@witec.de

Français:

WITec opère désormais directement sur la France

WITec GmbH, fabricant leader de l’imagerie 3D Raman, de systèmes de microscopie corrélative et autres systèmes de microscopie nano-analytique, a établi une présence directe en France. Basée à Lyon, réputée comme centre d’excellence des industries chimique, pharmaceutique et biotechnologique, cette présence directe permettra à WITec de mieux supporter la clientèle nationale déjà bien établie. Les ventes, le support après-vente et l’expertise analytique ainsi que l’organisation du marketing domestique seront assurées par le Directeur Régional Dr .Philippe Ayasse. Dr. Maxime Tchaya, basé à Ulm- Allemagne au siège mondial de la société, scientifique possédant déjà une connaissance approfondie du marché Francais assurera l’expertise analytique et technique. Tous deux sont des spécialistes de la microscopie confocale Raman et possèdent des années d’expérience avec WITec.

La nouvelle représentation peut etre contactée à l’adresse suivante :

Représentation WITec France
Dr. Philippe Ayasse
11, quai Victor Augagneur
69003 Lyon Cedex France
Tel : +33(0) 4 78 84 04 62
Portable : +33(0) 6 12 13 21 73
philippe.ayasse@witec.de 

New WITec area manager France Dr. Philippe Ayasse

もっと見る...

January 2019

WITec ラマンイメージングによるマイクロプラスチックの分析

ミュンヘン工科大学ハイドロケミストリー研究所のナタリアイヴレヴァ博士(Dr. Natalia P. Ivleva )が、なぜマイクロプラスチックが危険なのか、どのように顕微ラマンがマイクロプラスチック粒子の検出と同定に役立つのか語っています。

>>>ミュンヘン工科大ホームページに掲載されたインタビュー記事はこちら(英文)

 

Image: Benz, TU Munich

もっと見る...

December 2018

エリオット・サイエンティフィック社とのパートナー契約を締結

WITec GmbH は、エリオット・サイエンティフィック社(本社:英国)と 弊社製品の販売代理店契約を締結しました。これにより両社で英国・アイルランドエリアでの WITec製品の販売、サポートにおける協業を開始いたします。 共同でのセミナー開催や展示会出展などを通じて、WITec ラマン顕微鏡システムの拡販を進めてまいります。

The cooperation with Elliot Scientific Limited, an established supplier of opto-mechanical components, will enhance the local visibility of WITec’s line of Raman imaging and scanning probe microscopes and ensure closer contact with its customer base. Managing Director of Elliot Scientific Dr. Adrian Knowles, who has extensive Raman spectroscopy experience along with an existing working relationship with WITec, will take the lead in promoting sales activities and providing support for new and installed user systems in the UK and Ireland. The combined talents of both companies will serve to further WITec’s position as the leading manufacturer of confocal Raman and correlative microscopy systems.

For more information, please visit the website>>>

もっと見る...

November 2018

WITec ControlFive ソフトウェア、バージョン5.1をリリース

WITec ControlFive ソフトウェアユーザーのために、新しいバージョン5.1がリリースされました。今回のアップデートバージョン5.1では、更なる便利な機能が強化されています。

さまざまな焦点深度で取得したサンプル領域画像を一貫性のある鮮明な画像に結合するVer.5.1 Focus Stacking機能、またSmart Brightnessの機能が自動的にカメラ設定と顕微鏡照明をビデオ画像のユーザー定義の明るさに調整することができます。

また、新しいバージョンの Ver 5.1 WITec Project Fiveソフトウェアには、新しい照明効果、アニメーションエディタ、スタックビットマップファイルのエクスポート機能が含まれています。

For more information, please visit the product webpage>>>

A measurement of a housefly's eye. The upper row shows the images from several focal depths and the larger composite is a result of Focus Stacking.

もっと見る...